紫雲膏

DSCN0440

ホソイ漢方薬局の紫雲膏(潤肌膏)
紫雲膏は明代の外科医科、陳実功が著した外科正宗(白禿瘡門)潤肌膏が初めで日本にはいり、江戸時代末期の外科医、華岡青洲が世界で初めて全身麻酔を用いて乳癌手術に成功させた方ですが、潤肌膏に豚脂を加え紫雲膏を創設しました。現在は日本ではこの処方が主流に使用されていますが、豚脂は酸化され易く刺激性が出てきてそれにより、カブレる人もいます。当薬局ではゴマ油のみの基剤を使用している、陳実功の紫雲膏(潤肌膏)を扱っております。当薬局に来られた強皮症の患者様が他医院で処方された豚脂の入った紫雲膏を使ったところ、ピリピリと痛く使えず、当薬局の紫雲膏は刺激がなく大変調子が良いとのことで続けて使っていただいております。

 
ホソイ漢方薬局のホームページはこちらをご覧ください

カテゴリー: 漢方薬 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です